星海の街へようこそ

ウィル禁ソンと白幻のカエルレウムと日常のこと

シロカエ読んでみて宣伝

昨日自分の作品の読者として好きになると言った私ことうぃるきん損です。損!

シロカエの魅力をさっき読んだ私がなんとなくお伝えしようと思います。今だけ卑屈さをOFFにするぞ!

 

あらすじ

ブラヴェリー王国とベルドラ皇国はかつて戦争をしていた。

軍人ブラッドは相棒のアディと共に上層部の指示で1冊の本を盗賊団から奪い返す。

実はその本は隣国ファルド帝国のセントキャラメリゼ号の秘密が載っている本だった。

そんなことは露知らず、フォーカス、リーラという上官たちに丸め込まれ、ファルドのセントキャラメリゼ号の秘密を暴くように潜入する。

そこで空賊団の船長リーツと騎士団長アキリーズという因縁の2人に出会い、空賊団として乗船する。ファルドでセントキャラメリゼ号に乗ったブラッドとアディは船と騎士団の秘密を探りながらベルドラの刺客と呼ばれる悪人たちを倒していく。

やがてベルドラ皇国が刺客を始め世界を巻き込む動きをしていくことに気がついて・・・?

 

というストーリーになります。

我ながらうまくまとめたものである。

 

以前にツイッターで書いたパネル

f:id:prpr-candybox-prpr:20200429145458j:plain

プレゼン1

f:id:prpr-candybox-prpr:20200429145617j:plain

プレゼン2

f:id:prpr-candybox-prpr:20200429145655j:plain

プレゼン3

 

読まなくてもダイジェストでお送りすると

序章 盗賊団との鬼ごっこ

1章 ファルド帝国に侵入。空賊団への入団テスト。

1、5章 ファルド帝国のシーメインという街で人魚狩りの話。実はベルドラ皇国の軍が大きく関与していた!

2章 ファルド帝国での騎士団長アキリーズと空賊リーツとの確執。過去。

2、5章 クローディアの石化を解くためにブラヴェリーのオークションに赴く。焔の魔術師メルザとの出会い。

3章 メルザの過去とメルザの元相棒・ベルドラの秘書カイサとの対立。剣聖リヒターの講演ライブ回。

3、5章 スカイラット帝国への船の中と帝国での観光。アキリーズの離反。クローディア誘拐される。アディとブラッド行方不明に。

4章 オステオンとブラッドの出会い。ブラッドが記憶喪失に・・?

 

ざっくり言うとこんな感じです。ぶっちゃけ読まないとわかりませんw

作者、シロカエ世界で色々楽しんでます。

反転世界のシロカエこと黒ルベは毒っ気が強く、黒いうぃるきんの作風です。

白かえる!はセルフ二次創作みたいなもんです。他、サイトにて作中に出ていたリヒラジオなどもあるよ!

 

白幻のカエルレウムの魅力はパネルにもある通り

①登場人物のキャラが濃い

ところが一番かなぁと思っております。個性が潰し合いしてますが、割と王道っぽいキャラ設定なんじゃないかなぁとかも思ってます。

属性てんこ盛り。様々なキャラがいるんじゃ。みんなの推しを教えてくれ。

まぁ色々な漫画・映画から影響受けてますし。黒ルベに至っては内面的な世界観だったりします。

キャラ設定資料集もあるよ!ベルドラ側のキャラ資料作りたいなぁ・・・

②世界観

ファンタジーという世界観で、どこか暗さと快活さがある世界観だと思ってます。

この辺は世界観設定資料集(電子版も検討中)を読んでいただければ、詳しくわかるかなぁと。

③深さがある!

一つの世界で複数の物語を展開予定なので(同人だからこそできる技)多面的な深さがあるかなーという。時間が許す限り、同じ世界観でそれぞれ主役が違う短編も作りたいなぁという作者。裏設定なども実はそれなりにあったりしちゃったりして。

 

という感じでさらっと楽しむもよし、追求するのもよし。な創作になっております。

設定漫画すぎてぶっちゃけ話というよりは設定を楽しむ漫画になってる気もしてます、あかん。

 

まぁとにかく読んでくれ。そして読んで感想をくれ。クレクレタコラ

と言いながら、批判にはめっぽう弱い。誹謗中傷アドバイスは受け付けてないぞ。

ここのコメントやピクシブ、サイトでも受け付けておるぞ。

mangahack.com

www.pixiv.net

denkihitsujiblog.wordpress.com