星海の街へようこそ

ウィル禁ソンと白幻のカエルレウムと日常のこと

自分のホロスコープ

どうも、うぃるきんです。

 

以前にキャラの星座という記事を書いたと思うのですが覚えておられる?

実は私の趣味に占星術というものがあるのですが、これなかなか奥が深くて出生時間と誕生日で占うんですよね。まだまだ勉強中でわからないことも多いですがなんとなく。

生まれた時の星の並びでその人の傾向や性格、癖などを読み取るのですが面白くて・・・。

 

一般的な星座占い(朝のニュースとかでやってるの)は太陽星座で占うもので、人にはホロスコープと呼ばれる他に10種類の星座が対応しているものがあるんですね。

星座占いには12種類の性格の特徴があると言われてるのはおそらくご存知かと思っているので、省略しますが。

簡単に言うと太陽星座が社会的な基本的な性格とされてます。太陽の反対の月星座という、RPGで言うところのサブスキルというかサブジョブのようなものがあるんですね。

月星座がその人の内面性や近しい人間に見せている星座の特徴(性格)と言われています。

 

こちらのサイトでホロスコープを無料で占えます。しかし見方がわからないと何を意味してるのかわからないですよね。

www.horoscope-tarot.net

とりあえず太陽星座と月星座に限った話をさせてもらうと、

私ウィル禁ソンは11月5日生まれなので太陽は蠍座、出生時間は不明だと仮定して西暦(秘密)を入れると月星座が魚座になります。

太陽蠍座は秘密主義で一途、執念深さと集中力、一つのことを深堀する。などの特徴があると言われてます。それが私の社会的な部分。

一方月星座は内面性(感じていることや親しい人に見せるもう一つの顔)が魚座なので、犠牲的、優しさ、流されやすい、依存心や依頼心が強いというプライベートな部分になります。

この蠍座魚座、関連性があって同じ水のグループに所属しているので、比較的高相性で自己矛盾が少ない組み合わせなのです。

簡単に言うと、この水のグループの他に、火・地・風などのグループがありそれぞれ3星座ずつ(3ヶ月おきに)4つのグループが形成されます。

同じグループの星座は相性が良く、土と水は女性星座で違うグループでも相性が良い、火と風は男性星座でこれもまた相性がいいとされてます。

 

なんかファンタジーの魔法学校の授業みたいで楽しくありませんか?

自分は結構このホロスコープというのを見ていい面を取り入れるようにしています。

水のグループは女性的で感情豊かで優しい反面、感情的で情に振り回されやすいという特徴がありますが。

信じるにしても長所は伸ばして、短所は直すように心がけるようにしてますね、基本的に。

他にも水星金星星座が射手座なんですが、コミュニケーションや作品の表現方法などが射手座的(大雑把、冒険心が強い、遊びココロのある哲学的)でもあるんですね。

 

まぁ私の話から繋がるんですが、先日、作品の話になって。黒霧のルベルム(シロカエ派生作品)という非常に闇の深い小説は自身で蠍座的。と称したのですが、(まぁこれは漫画よりは読んで欲しくないし途中で終わってますが)蠍座は生、死、性を司る星座なんですね。一般的にタブーとされてるって事なのであんまり読んで欲しくないというのはそう言った点です。

じゃあシロカエは?ってところなんですが、私は月魚座の世界を水星金星射手座の世界観で表現して太陽蠍座がアクセントになりつつ火星のかに座がテーマの作品なんじゃないかな〜と考えてますね。

黒ルベも射手座的表現で非常にライトであっさりした語感と、シロカエも書き込みは作者が苦手なのもあり、描写もあっさりしがちなんですね。

個人的には魚座の人の世界って小さいゆるキャラが住んでるイメージ(これは偏見だけど)でシロカエもゆるいところで抜けつつあるし、愛情ってところにフォーカスしがちなのは水グループ的だなぁと思うのです。

太陽蠍座は先ほど申しました通り、生、死、性のところ(手塚治虫先生も太陽蠍座でした。あんな世界観)が随所に散りばめられる感じです。

かに座は防衛心が強いので軍人をテーマにしたってところでしょうか(ちなみに主人公もかに座)火星はちなみに女性の場合、理想的な異性を表すという意味でも私は理想の主人公像を描いてるわけです。

 

また、合同同人誌処女作(食とエロス)は非常に星座観が現れてて、合同製作者の友人が牡牛座で食や五感を司る星座で、蠍座の私はエロス担当だったのがすごく面白いね〜ということになり。全然その時は星座だから、とか意識してなくて話の流れでそうなったのはとても面白いな〜と内輪で盛り上がってました。

 

基本的にホロスコープはあの人と合わないからあの星座は嫌だ、ってコミュニケーションの使い方よりキャラクターと作品の構成に使うのが有意義だと思ってます。その思考法で使えば、表現の仕方に”深み”が出るし演出方法の道具にしています。だから占い自体の信頼性というよりかは方法であり手段といったものです。

占いは基本的に実証がないというか曖昧なものなので、弱った時につけこまれないように気をつけながら使っていきたいですね。

 

そう言った作品の話と作者の話でした。

オステオンさん

どうもうぃるきんですこんばんは。

4章後編地道に進んでおります。今回は4章のバディ・オステオンについて話さそうかな〜と思います。

オステオンさんについては本編を見ていただければ一番早いのですが、簡単に説明すると村の禁忌を破って弾きものにされた狩人の青年です。4章は彼とブラッドが出会う話なんです

mangahack.com

それなりにRPGのような流れになっているので読んでほしい。以下最新話ネタバレありの話。

村で長老からブラッドは弱点を聞くものの。

オステオンは弱点の光についてや夜になれば強くなることは村人には聞いてません。なぜなら、村での扱いもあるし、貧しくなっていく村から人数減らしのために討伐に出されているからです。

よって、ほぼ負け戦を仕掛けられたに近いんじゃないかなぁと思ってますし、本人は狩りに行く気でも村人からすれば殺しに行かせたに近い。

妹のイリナは村でもそれなりに上手くやってるようですが、実はブラッドに見せた涙の理由は村人の話が耳に入ってきてるのではないかと思ってます。

五感に視覚が入ってきても聴覚は衰えていなくて。兄の扱いや村人の様子でオステオンが狩りに行ったのもなんとなくわかっていて涙したんじゃないかな。それを見てブラッドも尚更、この兄妹の助けになりたいと思ったはずです。

女王に戦いを挑んだオステオンも、描写は端折ってますが、昼間から戦ってるような口ぶりです。早くに周辺の地形を覚えて罠を張って、夜が長いアヴェスニーで強くなった女王と戦う羽目になる。

光を失った獣は激昂するだろう、というのは獣というのも魔物は人の姿をしていても所詮獣だし、夜光虫の光を失った村ともかけてます。村人も激昂したはず。だが容赦はしない、と言ってるのはやはりオステオンは自分たちを守るという意識があるから。少なからず、妹のいる村のためにも命を賭けて動いてますし。

しかし夜になれば、強く(早く)なるということも自身で身をもって知ってしまうというか。悲しいかな、絶体絶命のピンチです。

狩人の勘で戦っても狩られることがわかってしまい、自ら孤独に戦うことを選んだオステオンは死ぬ覚悟をします。

ちなみに、サイトでのこの回のタイトルは「月の女神への祈り」です。

これは、アヴェスニーが月の女神を信仰しているから、という理由もですが、生で月が見える=祈れるとも取れるようにしています。

祈りと言うより希望を願うだけ、と作中では言ってる通り、のちに続く死にたくない、月を見ていたいというのはただの現実逃避のような願いかもしれませんが。

そういう弱さが見えるというか、かっこいいと言うよりかっこ悪くて泥臭くて。あれだけブラッドの誘いを断って最後、死にたくないって言っちゃう。月を見ていたい、盲目だった妹の大変さを知ってるからこそ、目が見えていたいと願ってしまう弱さを表現したくて。

呪いだって布をして人や妹に自分の目すら見てもらえないし、きっと孤独を感じながら願ったのだろうと思う。

妹の目に光を与えた代わりに村の光を奪って、女王の光を奪って、やがて自身の瞳の光すらも奪われ捧げる覚悟と恐怖がないまぜになるそんな心境と状況の皮肉

 

綺麗だし、怖いなぁ。ってセリフは死にたくない、月を見ていたいにかかってるのですが。

(月が)綺麗=漱石的に愛してるを妹に呟いてる (死ぬのがでも)怖いなぁ

(月が)綺麗=最後に見える女神の景色     (村ハブにされたのを思い出して今度こそ一人になるのが)怖いなぁ

の意味を含んでる気がしてます作者。月女神なので母性的愛というかそういった類の印象を与えれたらいいな。

 

オステオンがどうなるかは次回以降わかります。

 

めちゃくちゃオステオンに感情移入しちゃいましたが、こう言った心境で作者は書いていました。これが正解と思わず、様々な感想を胸に抱いて読んでほしいと思ってます。あわよくば、4章の感想をくれても良いのだぞ!

 

白い悪とピンクソーダ

新作現パロrkgkクオリティで書いてみた。

 

セスとシャルルの話。読むにはログイン必要。話の題材的にR18Gにしました。反社会的すぎる。未成年ごめん。エロはない。微妙なグロというか。グロくもないけど。

www.pixiv.net

 

以下作者目線の解説

詐欺、殺し、盗みなどの裏稼業の会社に務めるシャルルと革命犯達セスの話だけども。

シャルルは殺しは楽しむためにやるという価値観の持ち主。
セスは美しいと感じたものを殺すという価値観の持ち主。

このセスの価値観、小難しく聞こえるけれど。案外単純で美しいと思った人を殺して絵にしたい(=その人の価値を釣り上げたい)という価値観の持ち主。なおかつ一点の善のために他人に対して悪を行ってる人間に美しさを感じてるって見方だと案外彼の殺す価値観がわかりやすい気がします。
最初の母親詐欺師は子供のために、政治家純川は政策のために犠牲者を出したというところがポイントなのかなぁと思います。詐欺師の母親とクリーン風政治家は真逆の対比でいて似通った存在を殺してるわけで。潔白な人間がターゲットにならない。だから彼らを殺した絵画殺人犯達は「強い立ち位置の弱い人間」を狙ってる悪人です。その弱さは絵のモデルになること(殺されること)で昇華され永続的に評価される人間となり得る。そういう思想なんじゃないかと思います。なかなか危険思想と閣下(友情出演)も言ってます。

 

スレイが電話で話してる分社の同僚は決行された被害者であり、詐欺師の母親です。シャルルの同業者だけどシャルルは興味なし。ちなみに口元しか出てない閣下は漫画には書かれてないですが政治家でシャルルたんの会社を牛耳ってる取り締まり役みたいな奴です。SNS上ではシャルルはそこそこの地下アイドルやってるのですが、副業というかカモフラ職業です。りべりおん。はアーティスト集団としてこちらもそこそこの人気はあるみたいです。漫画に書いてない情報だとアングラなサイトでは絵画殺人犯とりべりおんは関係してる噂という見方、かたや私刑という見方で持ち上げて祭り上げてるゆえこそのフォロワー数だったり。だからあのフォロワーたちはやばい人も相当数いる。

 

シャルルが殺そうかな→やっぱりやめたってのはセスの目線もあるし、殺した相手の絵を残すやり方も気になるし、自分を描いた絵も見てみたいし、普通にSNSの絵も見たいし、何よりシャルルが生かす価値に対応して殺す価値だろというセスの真逆の価値観の片鱗が見えて気に入ったからだと思ってます。こんだけ気になる点があって、好奇心のままシャルルの生かす価値に合致する。そしてシャルルはセスを生かして応援したことにより、複数の他人を殺し1点の善を守るシャルルという存在にセスは美しさを感じてモデルにしたいという価値観に触れちゃったって話です。やったね。サイコホモだ!シャル→セスのつもりがシャル→(壁)←←←セスみたいな話でした。

 

 

____________________________

多分ペルソナ5とかの影響とかありそうだなぁ(真顔)

好き勝手書いただけの漫画よければ読んでみてください。

定期的に新作の妄想をする

どうも、うぃるきんです。GWも後半ですね。あっという間。

新作の妄想だけしていました。新作を妄想する浮気性。

シロカエに関連するパロディ短編や番外編あってもいいのでは?とか思い始めてる。

似た顔の男のもとに行く彼女かよ。

本当はミカの審判もやりたいけど我慢。

もうイベントはコロナのせいもありなかなか出る機会もないから時間を作品に換算してもいいのでは。。。

以前話した

シューヴィの過去(真実編)

リーツ主役の修行話

ブラウエライター

あたりは番外編でできそうです。短期連載。

 

あと考えてるのは

シロカエの現パロ話。ストーリーまた別に考えるけど。世界観が現代日本(?)みたいな日本っぽい設定。

f:id:prpr-candybox-prpr:20200505134211j:plain

白い悪とピンクソーダ

なんとなくセスとシャルルの現パロとかやりたいね。一話完結でもいいかもな。

現パロシリーズでもいいかも。

現パロ一話完結シリーズとか。雰囲気で殺せ。雰囲気マンガ書いてみたい。

カラフル+ソーダ

白い悪とピンクソーダ(セスとシャルル)

赤いバラとクリームソーダ(アキリーズとソル)

緑の狐とレモンソーダ(リヒターとブラッド)

あたりはやれそう。

 

 

とりあえず時間とやる気をくれ

シロカエ読んでみて宣伝

昨日自分の作品の読者として好きになると言った私ことうぃるきん損です。損!

シロカエの魅力をさっき読んだ私がなんとなくお伝えしようと思います。今だけ卑屈さをOFFにするぞ!

 

あらすじ

ブラヴェリー王国とベルドラ皇国はかつて戦争をしていた。

軍人ブラッドは相棒のアディと共に上層部の指示で1冊の本を盗賊団から奪い返す。

実はその本は隣国ファルド帝国のセントキャラメリゼ号の秘密が載っている本だった。

そんなことは露知らず、フォーカス、リーラという上官たちに丸め込まれ、ファルドのセントキャラメリゼ号の秘密を暴くように潜入する。

そこで空賊団の船長リーツと騎士団長アキリーズという因縁の2人に出会い、空賊団として乗船する。ファルドでセントキャラメリゼ号に乗ったブラッドとアディは船と騎士団の秘密を探りながらベルドラの刺客と呼ばれる悪人たちを倒していく。

やがてベルドラ皇国が刺客を始め世界を巻き込む動きをしていくことに気がついて・・・?

 

というストーリーになります。

我ながらうまくまとめたものである。

 

以前にツイッターで書いたパネル

f:id:prpr-candybox-prpr:20200429145458j:plain

プレゼン1

f:id:prpr-candybox-prpr:20200429145617j:plain

プレゼン2

f:id:prpr-candybox-prpr:20200429145655j:plain

プレゼン3

 

読まなくてもダイジェストでお送りすると

序章 盗賊団との鬼ごっこ

1章 ファルド帝国に侵入。空賊団への入団テスト。

1、5章 ファルド帝国のシーメインという街で人魚狩りの話。実はベルドラ皇国の軍が大きく関与していた!

2章 ファルド帝国での騎士団長アキリーズと空賊リーツとの確執。過去。

2、5章 クローディアの石化を解くためにブラヴェリーのオークションに赴く。焔の魔術師メルザとの出会い。

3章 メルザの過去とメルザの元相棒・ベルドラの秘書カイサとの対立。剣聖リヒターの講演ライブ回。

3、5章 スカイラット帝国への船の中と帝国での観光。アキリーズの離反。クローディア誘拐される。アディとブラッド行方不明に。

4章 オステオンとブラッドの出会い。ブラッドが記憶喪失に・・?

 

ざっくり言うとこんな感じです。ぶっちゃけ読まないとわかりませんw

作者、シロカエ世界で色々楽しんでます。

反転世界のシロカエこと黒ルベは毒っ気が強く、黒いうぃるきんの作風です。

白かえる!はセルフ二次創作みたいなもんです。他、サイトにて作中に出ていたリヒラジオなどもあるよ!

 

白幻のカエルレウムの魅力はパネルにもある通り

①登場人物のキャラが濃い

ところが一番かなぁと思っております。個性が潰し合いしてますが、割と王道っぽいキャラ設定なんじゃないかなぁとかも思ってます。

属性てんこ盛り。様々なキャラがいるんじゃ。みんなの推しを教えてくれ。

まぁ色々な漫画・映画から影響受けてますし。黒ルベに至っては内面的な世界観だったりします。

キャラ設定資料集もあるよ!ベルドラ側のキャラ資料作りたいなぁ・・・

②世界観

ファンタジーという世界観で、どこか暗さと快活さがある世界観だと思ってます。

この辺は世界観設定資料集(電子版も検討中)を読んでいただければ、詳しくわかるかなぁと。

③深さがある!

一つの世界で複数の物語を展開予定なので(同人だからこそできる技)多面的な深さがあるかなーという。時間が許す限り、同じ世界観でそれぞれ主役が違う短編も作りたいなぁという作者。裏設定なども実はそれなりにあったりしちゃったりして。

 

という感じでさらっと楽しむもよし、追求するのもよし。な創作になっております。

設定漫画すぎてぶっちゃけ話というよりは設定を楽しむ漫画になってる気もしてます、あかん。

 

まぁとにかく読んでくれ。そして読んで感想をくれ。クレクレタコラ

と言いながら、批判にはめっぽう弱い。誹謗中傷アドバイスは受け付けてないぞ。

ここのコメントやピクシブ、サイトでも受け付けておるぞ。

mangahack.com

www.pixiv.net

denkihitsujiblog.wordpress.com

作品を書いてて自省

どうも、うぃるきんです。今日は暗く暑い感情を吐露したいと思います。

 

自分は今年で白幻のカエルレウムを書いて4年目になる。

4年といえばオリンピックが開催される期間だけども、本来なら書き始めて2回目のオリンピックを迎えるわけで。

そんな節目で自分の色々な感情をなんとなくはきだそうと思った。

以下自省。

 

シロカエ定期的に感想とか色々な方面で応援なければ多分途中でやめてたと思う。

数字に落ち込む時もあった。周りを見れば、すごいいい作品がいっぱいあるし、知り合った人で職業にしたり、周りの反響がすごい人は何人もいて、自分なんてただの矮小な存在だな〜と思うこともあったし。

自分の作品はわかりにくいし何がしたいのかわからないみたいなことを思って、何度も書き直したいなという思いに駆られた。

その度にフェードアウトしてやめちゃえば、きっと誰も続きを必要とするレベルでもないしただこの人始めて、事情があってやめたんだろうな。くらいに思われるだけで終わるんだろうな、って。

でも・・純粋に作品見て応援してくれた人をできれば裏切りたくないし、(結果的に裏切ったこともたくさんあっただろうし)何より頑張ろうと決意した自分を裏切りたくないし。

もし納得するという点で諦めたら一応完結まで目指すって言ってるから無理矢理打ち切りエンドみたいにしてやめるだろうな。とも思ってる。

 

商業でもないから数字に深くとらわれることはないけど、でも時々、励まされることもあるし落ち込む。

数字は範囲であって深さじゃない、と何度言い聞かせたことか。広い範囲で浅くより、狭い範囲で深く、を目指すなら数字のみに囚われるのはよくないはず。

だから、感想ってスッゲー大事なんですよ。深く突き刺さったことを作者が確かめられる。読者なら言いたいものである。

 

自分は、その時その時好き勝手作品書いて終わらせる前に飽きてやめるってことばっかだし、一度くらいは人生で頑張ったことほしいじゃん。。って思って書き続けてる。し、物語に王道はあっても正解はないからこそ、まぁ一個くらい継続して形に残したいじゃん。

でも創作に置いて去年、今年が正直山場というか、自分の限界というかそこを乗り越えるか乗り越えないかで何か変わってくるような気もしている。

 

やめたいというよりは、続けたいのだけども、定期的に自分の作品はバケツからバケツに水を移してるだけの行為に思えることが多くあって。

それが「認められてほしい』の認められてほしい、って結局どこのレベルに至って自分は満足するの?って自問自答する。

一時期は、作品を通じて交流できれば、自分の作品が他の人に伝わるという点に目標軸を置いていたけれど。

他者に理由を求めすぎて、結局瓦解するのも自分の大前提「納得いくまで完結させる』に反してる。

しかし次のステージはどこだ?って考えた時に、完結させることだけでは?って回答しか返ってこなくて。

そうなった時に自分の小目標を設定するなら?交流再開?でも、自分と交流してくれるような聖人なかなかどうしているものかって臆病になってしまう。他者に理由を求めるな。

新しい小目標・・・何がいいだろう。

作品書いて自分が楽しむ、とか?意味とか意義とか見出さなくて自慰行為のようにトンデモ展開でも目をつぶって自分が楽しむ。でも自分の作品は意味がないと自分は楽しめないの(はあと)

それが課題かな。

自分の作品を楽しむ読者の自分を大切にする。それが大事。

と思い始めた。

 

のです。

以上4年間の自省