星海の街へようこそ

ウィル禁ソンと白幻のカエルレウムと日常のこと

時間つぶし

はい、ウィル禁です。連続投稿です。

実は今月から新しい仕事を始めて、あっぷあっぷなんですけど、実は通勤にギャンブル要素が強くて、バスがめちゃくちゃ少ないんですね。毎時間1本なんです。(特定してくれるなよ(威嚇のポーズ))

 

で、帰宅までは歩いて30分なのだ。近いのか遠いのかわからない。しかも坂道。

北の大地に吹雪く中立ち仕事のあと外で待つor30分歩くのは修行か?って感じなので、駅などで時間を潰したいと思っておりますゆえに。

どうすれば時間を楽しく過ごせるかまた手段の方法をここに思案する。

 

 

バス停で10〜60分待つ間にすること

1、駅やバス停付近などで買い物(待ち時間10分コース〜)

2、飲食店で過ごす(待ち時間30分以上〜)

3、駅まで行って座ってスマホ作業(10〜30分コース)

 

1は正直体力ある時にできる技かな。メリットとしては暖かいし買い物が楽しめる。買わなくても気軽に出れるところで過ごせる。デメリットは時間が短ければ短いほど、バスに間に合うため、無駄に待たないために計算力が必要。あと体力を消費する。

 

2は飲食店は待ち時間30分以上で過ごすこと。メリットは暖かいし空間も快適。座れる。夕食も調達できる。

デメリットは食べ物に金がかかる。待ち時間と提供時間も含めてバスの時間に間に合うかわからない。バスを外で待つ上に、時間の変動のため予想がつきにくい。(実験の余地あり)

 

3は駅まで行くものの駅に行った時点でほぼ60分コースを覚悟せねばならない場合がある。メリットは雨雪しのげる。座れることがほとんど。慣れた場所で終業後ほぼ考えずに待つことができる。無料。そこから飲食店ルートもいける。バスも屋内で待てる。デメリットはバスで座れないと20分近く体力を消費する。行き違いで60分近く待つことになる。

 

変に近いので色々考えてしまうのです。一番の解決策はバスの本数が増えることですが、直談判したら無理そうだったので要は個人の力では無理なわけです。

そうなると結局待ち時間を作業の時間に費やすのがいいと思うわけです。1時間って自由時間は働いていると通勤にただ浪費するのは勿体無い。

そこでアイフォンでできる創作作業及び楽しめる行動を考えてみる。

 

1、創作のプロットやメモを完成させる

2、小説を打つ

3、企画を考えてメモする

4、割り切って副業などに手を出す(文章やアンケートなど)

5、動画や音楽を楽しむ

 

アイパッドを購入するもしくはスケッチブックなどを持ち歩く。

1、絵を描く

2、漫画を描く

ができるわけですが、これはテーブルがある環境じゃないとできません。

よって作業できそうな飲食店に入る必要性がありますね。 それはつまり30分以上帰宅を遅らせることになり、場所代の金額(1000円以内×最大22日=22000、あくまで最大値)も発生する。

アナログだと汚れも気になるので、練り消しや筆記用具、紙が必要。

デジタル化するとイラスト作業とネット環境の両立をすることでいつでも投稿可能でしょう。

アイパッドを購入するにしても、スケッチブックを使うにしてもそれなりの荷物になるからバッグがあるといいな。

しばらくはアナログで行こうと思います。

よってあったらいいもの。

1、練り消し

2、シャーペン(と芯)

3、バッグ

4、スケッチブックや紙類

 

よって疲れていてすぐにでも座りたい、もしくは時間がバスまで30分以上ある→飲食店ルート

 さほど疲れていないが外で20分以上待ちたくない→駅ルート(そこから飲食店ルートもあり)

10分前後ですぐにバスに乗れそう→直行

という行動パターンをプログラムできそうかな?(お前はマシンか)

効率化ですよ、あくまで。。。時間は大切。

 

だいぶ整理できてきました。何かの役に立てばいいかなー。