星海の街へようこそ

ウィル禁ソンと白幻のカエルレウムと日常のこと

最近のBUMP OF CHICKENに感じたこと

どうもこんにちは。ウィル禁ソンです。

この前ツイッターでも書いたのですが、BUMP OF CHICKEN とか RADWIMPS とか聞いてたんですね。

 

久しぶりにBUMPの方は聞いたんです。「リボン」。

最近の曲らしく、明るい眩しい曲調でした。でもBUMPらしさがあるような。

 

そして一回目に聞いてもわかりました。この曲は今までのBUMPの曲を振り返っている・・と!

歌詞の中に今までの曲のテーマや言葉が織り込まれてるんですね。作詞は意識的じゃないかもしれない。でも、藤原基央さんの中で結ばれてる言葉なんだと思います。

それでいて、「リボン」の歌詞にある通りに 僕らを結ぶリボン っていうのがあるんです。が!

 

これってBUMP自体と今まで聞いてくれてた人へのメッセージを込めた歌詞なんじゃないか、と思ったのです。ファンサービス、って言うのとはちょっと違うんですけど、限りなくそれに近いものを感じました。

 

実は最近のBUMPはみんなに受ける曲調と歌詞になりがちなのかなーって思ってて、

離れていたのですが、「リボン」を聞いて聞く側はつい忘れがちな、今まで書いてきた曲も含めてすごく大切に書かれた曲の一つ、というのが伝わってきたのですよね。

 

改めてBUMPすごいな。って素直に感じました。RAYでも一回その感情になったのですが、BUMPはまだ良さを変化させながら、ブレてないんだ、って思いました。

それが感じられて、何離れてたんだろう。って気になりました。正直。

 

アルバム聞こう。