星海の街へようこそ

ウィル禁ソンと白幻のカエルレウムと日常のこと

シロカエバトル面に技名を叫ばせるか問題

当たり前のこと言います。人間はみんな命削って生きてる。どうも、ウィルキンソンです。

 

タイトルにありますでしょ。私、ファンタジー漫画を描いておるのだが、バトルもおまけくらいにあるんです。今回の検証案件はそれについてです。

漫画のバトルに置いて技名という概念があるかどうか問題

 

私は今まで、シロカエの章は人間ドラマを主体に書いていたんですけど、後半はバトルメインでもいいかな〜と思っております。

それであえて、バトルシーンも軽めに死傷者が出ないものにしつつ、技名ももちろんなかったんですよね。その理由に、技名叫んで戦うというのがイマイチ自分のノリじゃなかった。という。

鋼の錬金術師の作者さんが言っていたようなことになんとなく同意していた、というか。戦いの場の臨場感っていうのが技名がなくても出せる作者の力量があっての発言だなーと個人的に痛感してるんですけど(ハガレンは本当素晴らしい作品です)

だから、バトルシーンに至ってはハガレンとかゴールデンカムイ宝石の国みたいなどことなく淡々として殺伐としたものにしたい、って思いがあったわけです。

 

でも、ファンタジーでクラスもあってゲームっぽい世界観で逆に技名ないのもおかしい気もしていて・・・・。そうなると盛り上がるし、描きやすいし技の読み合いも楽しいんですよね。読者としては。何よりこういう”技”だという明確なラベリングになるわけで理解もしやすいのです。なんかこう王道だしね。子供も真似しやすい。(でもシロカエは子供向けではない)

その点で1章のアディに関しては技名を設定してはいますが。中途半端に恥じらって厨二感を出し切れてないところが逆に痛々しいのでは?とか何とか。

 

そしてブラッドに関してはまるでノーマークでした。いい年した(24歳)軍人がいちいち技名叫ぶのもどうなん・・・?とかやっぱり考えちゃって。てか技名考えてるのかよ(セルフツッコミ)って思ってしまうんで難しいです。第3者が勝手に技名つけてるのとか・・?でもまぁいいかなとは思うんですけど。。。ブラッドが戦うスレイとか勝手に分析してくれそうですよね。。。

 

バトルシーンの読み合いを書くのは楽しいけど(編集者がいないのでその論理が破綻していないか、戦略に穴がないか不安しかないけど)、どうやったらいいかなぁとか考えちゃってます。

 

そもそも主役の漫画の目的がわかりづらい上に流されまくってるんで(復讐や財宝集めとかでもないし。しいて言うなら国を守る為)アマチュアの漫画だなーと自負してるのですが、後半から明確な目的とともにやっていこうかなぁと思ってます。

自分っぽいキャラ

おはようからおやすみまで。どうも、ウィルきんです。

ブログのネタに困っておりましたが。。。。

みなさん(?)1次創作って自分っぽいキャラクター作ります??

あくまで私は漫画描きとして発言するので悪しからず。。。

 

主人公は自分に似る問題。

よく主人公は自分の分身とかなんとか言いますよね。ぶっちゃけ似てるかと聞かれたら似てる方ではあるけど、ここまでストイックじゃないとか思います。理想的なキャラクター像というのがあくまでウィル禁の作品の主人公像だと思ってます。

そして限りなく自己投影したキャラクターって読者からしたら、人によっては読み難いものであるから難しい。作者の人格の自己投影度が高い上に既存のキャラクターと関わっている様が嫌われたりするのをよく見るワケで。

 

内面を書かなきゃいけない時って確実にキャラクターになりきる役者の気持ちで作者は作品を書いてる故かなーと勝手な邪推してますが。そりゃ作者(ドラマで言う所の役者や脚本家)自体が出張ってきたら作品が破綻しかねないわけです。

 

でもドラマではありますよね。キム●クは何演じてもキム●ク。みたいな。

私が仮にシロカエ以外の作品を書いたとして、何書いてもウィル禁臭さが出てしまうのか、それが自在に変化するのか。。少し気になるところ。漫画描きはぶっちゃけ他の表現物に比べ分担作業をだいたい一人でこなすことが多いので、その匂いが強く出るかもしれませんが。

 

というのもあるし、仮に純度90パー超えのウィル禁要素のキャラを出すって、かなりギャンブルだと思うんですよね。自分だからこう考える、という要素が深堀されて面白いと言ったものになるか、それとも鼻につくか。

まぁ作品という形に出してる以上、作者の思想が現れてくるわけですよ。どんなジャンルでも、どんな形態でも私はそう思っています。

 

そして作者そのものが堂々と作者で居られるジャンルというのがある。いわば、日常系、ノンフィクション物。。

だが問題がある。

ぶっちゃけ、私は私の生活を作品にして人に見せたいと思わない。

何より多分、つまらないでしょ。やるとしてもスープカレー紀行記とか北海道グルメリポートとかその辺。あとなんだ、酒に合う珍味おつまみ製作記。意外とあるじゃねえかバカヤロー。全部食いモン

それができるのってやっぱり自分の現状を知ってもらいたい、って勇気のある人ができると思うんですよねえ。自分の行動、選択が公に触れてジャッジされたりすると思うとなかなかできません。共感してくれる、っていうのが多分原動力なんだろうけど・・・自分には共感してもらえることはあっても、共感されて結果それを非難されるってことが多かったのでまずやらん。絶対やらん。シロカエ製作日記とか割と地獄だぞ。絶対やらんからな(フリではない)

 

私の日常は

いわばマイナーな人間なんです。常にマイノリティ。常識ぶるのに必死な人もどきです。ヒト族ヒトモドキヒトヒト。きっと”世間”と本音の溝は深い。

 

話に戻ると、自分っぽいキャラクターを出す短編があっても面白いかなーとただただ思っておりまする。まる。

時間つぶし

はい、ウィル禁です。連続投稿です。

実は今月から新しい仕事を始めて、あっぷあっぷなんですけど、実は通勤にギャンブル要素が強くて、バスがめちゃくちゃ少ないんですね。毎時間1本なんです。(特定してくれるなよ(威嚇のポーズ))

 

で、帰宅までは歩いて30分なのだ。近いのか遠いのかわからない。しかも坂道。

北の大地に吹雪く中立ち仕事のあと外で待つor30分歩くのは修行か?って感じなので、駅などで時間を潰したいと思っておりますゆえに。

どうすれば時間を楽しく過ごせるかまた手段の方法をここに思案する。

 

 

バス停で10〜60分待つ間にすること

1、駅やバス停付近などで買い物(待ち時間10分コース〜)

2、飲食店で過ごす(待ち時間30分以上〜)

3、駅まで行って座ってスマホ作業(10〜30分コース)

 

1は正直体力ある時にできる技かな。メリットとしては暖かいし買い物が楽しめる。買わなくても気軽に出れるところで過ごせる。デメリットは時間が短ければ短いほど、バスに間に合うため、無駄に待たないために計算力が必要。あと体力を消費する。

 

2は飲食店は待ち時間30分以上で過ごすこと。メリットは暖かいし空間も快適。座れる。夕食も調達できる。

デメリットは食べ物に金がかかる。待ち時間と提供時間も含めてバスの時間に間に合うかわからない。バスを外で待つ上に、時間の変動のため予想がつきにくい。(実験の余地あり)

 

3は駅まで行くものの駅に行った時点でほぼ60分コースを覚悟せねばならない場合がある。メリットは雨雪しのげる。座れることがほとんど。慣れた場所で終業後ほぼ考えずに待つことができる。無料。そこから飲食店ルートもいける。バスも屋内で待てる。デメリットはバスで座れないと20分近く体力を消費する。行き違いで60分近く待つことになる。

 

変に近いので色々考えてしまうのです。一番の解決策はバスの本数が増えることですが、直談判したら無理そうだったので要は個人の力では無理なわけです。

そうなると結局待ち時間を作業の時間に費やすのがいいと思うわけです。1時間って自由時間は働いていると通勤にただ浪費するのは勿体無い。

そこでアイフォンでできる創作作業及び楽しめる行動を考えてみる。

 

1、創作のプロットやメモを完成させる

2、小説を打つ

3、企画を考えてメモする

4、割り切って副業などに手を出す(文章やアンケートなど)

5、動画や音楽を楽しむ

 

アイパッドを購入するもしくはスケッチブックなどを持ち歩く。

1、絵を描く

2、漫画を描く

ができるわけですが、これはテーブルがある環境じゃないとできません。

よって作業できそうな飲食店に入る必要性がありますね。 それはつまり30分以上帰宅を遅らせることになり、場所代の金額(1000円以内×最大22日=22000、あくまで最大値)も発生する。

アナログだと汚れも気になるので、練り消しや筆記用具、紙が必要。

デジタル化するとイラスト作業とネット環境の両立をすることでいつでも投稿可能でしょう。

アイパッドを購入するにしても、スケッチブックを使うにしてもそれなりの荷物になるからバッグがあるといいな。

しばらくはアナログで行こうと思います。

よってあったらいいもの。

1、練り消し

2、シャーペン(と芯)

3、バッグ

4、スケッチブックや紙類

 

よって疲れていてすぐにでも座りたい、もしくは時間がバスまで30分以上ある→飲食店ルート

 さほど疲れていないが外で20分以上待ちたくない→駅ルート(そこから飲食店ルートもあり)

10分前後ですぐにバスに乗れそう→直行

という行動パターンをプログラムできそうかな?(お前はマシンか)

効率化ですよ、あくまで。。。時間は大切。

 

だいぶ整理できてきました。何かの役に立てばいいかなー。

鬼滅の刃

どうも〜ウィル禁ソンです。

先日アニメ放題に入った話題したじゃないですか。

最近流行りに流行ってる鬼滅の刃をアニメで全部見終えました。

漫画はちょうどVS累戦が終わったところまで読んでいたのですが、トリ頭なのでかなりうろ覚えだったんです。

アニメになると、もう何回泣かされたことか・・・!

 

涙腺崩壊ばっかして情けないくらいに・・・・・。炭治郎兄妹が健気すぎて・・・!!!頼むからもう休んでくれ・・・!って何度も思ってしまうくらいに頑張ってて。。。

漫画では堪えたくらいだったんですけど、アニメの演出がすごく良くて本当随所の鬼の悲しい話や兄妹の絆の描かれ方が。。。!

なんか年取りすぎて涙腺崩壊のあまり、全米が泣いたの一員になってそう。。。

 

意外にも私の推しはアニメ見たところだと、ねづこちゃんなんですよね。。。かわいいし一生懸命だし激マブヒロインだと思ってます。あと普通に炭治郎が好きです。CV花江に弱いんだ理解ってくれ。あとパワハラ上司の無惨さまの顔が好きです。あと声。CV関さんやばい。エッチが過ぎる。

 

最近のサブカルものに疎いんですが、久しぶりにいいなぁと思いました。

もりもりインプット増やそうと思います✊

スターウォーズ観てきた

どもども。うぃるきんです。先日、終わりかけのスターウォーズ観てきました。

以下ネタバレありです。

f:id:prpr-candybox-prpr:20200216133321p:image

カイロレン…!!!!!お前ってやつは……!!!!!!

 

私この新三部作、カイロレンが主人公だとも思ってるんですが、最後にベンに戻ったの、めちゃくちゃ尊かったデス………

あのep7でキレ散らかしてた、厨二ボーイがここまで、成長するなんて…と半ばレイア将軍的ポジションで眺めてましたが…

カイロレン一周回ってめちゃくちゃいいキャラだなーと思いました。キャラ立ちがすごい…

友人曰く最後まで残念なキャラでブレなかった、ですがいいとこ見せてなおかつ、あっけないとことかもう一周回って凄い好きです。ベン。1番はアナキンだけど……

アナキンほど、悪としては中途半端だからこそ、ベンは人間くさいというか。ライトサイドの誘惑というコメントに笑えるくらいに、ベンのブレブレ感がいい意味でep9に現れてて、私は好きでしたね。

確かにネットの評判通りツッコミどころはそれなりに多いんですけど、よくまとめてくれたなーという感想です。

あと、レイの妊娠説オタク的邪推だとは思うんですが、割と有力なんじゃないかなーと思ってます。お腹に手を当ててるシーンもあるし、最後にスカイウォーカーと名乗る理由が更に強まる。まあ多分、レイの血というよりはスカイウォーカーとして生きた、って意味でしょうが。

 

私は楽しめました。ep9!!

ありがとうスターウォーズ

アニメ放題

最近、ツイッターを辞めてから時間が持てるようになりましたので、ソフトバンクのアニメ放題に入りました。

料金も割とお手頃なのと、引き落としが楽なので、選んだんですがなかなか面白いアニメが揃ってて、楽しんでます。

今観ているのは、宝石商リチャード氏の謎鑑定と前から観たかったスレイヤーズ!!

前者は正直なトコロ、BLかなー?的軽い気持ちで観たのですが、現代的センシティブなテーマを取り扱ってて、なるほど…と勉強にもなるアニメでした。

あと、宝石商の話なので、宝石に興味がある身としてはとても面白いアニメですね🤣

このアニメで、ミネラルショーを知って行きたいとなりました笑

 

スレイヤーズはずっと前から見たくて。あの時代のファンタジーのデザインすごい好きなのと、スレイヤーズの絵柄好きなんですねー。

話はファンタジーとしてわかりやすくて、王道を作った作品でもあるので、コメディ込めて楽しく観てます。ゼルガディスのcv緑川光腐女子ホイホイは見逃しません。あとテラ子安もいて大変楽しい!!!

個人的には二期のゼロスさん目当てで観始めたのですが、ハマりそう………

あの「死」が割と軽い世界観嫌いでないです。街がよく燃える…あとガウリィが普通にいいやつで好き。リナちゃもめちゃくちゃ主人公として好きです。あの性格に難ある感じたまらん。

さすが王道ってカンジ。

 

リチャード氏が追い付いたら、別のアニメ楽しみたいですー。

 

クラスと人物紹介

チッスオラうぃるきん。

 

今日は更新情報を伝えに来ました。作中のクラスについての記事です。

私がジョブとは別にクラスを設定したのは、いわば相手を屠る性癖というか戦いのスタイルって?と思ったからなんです。作中では専門職と表現していますが。主に扱う武器のことを指します。もちろんフリースタイルの戦士もいますが、その中でも一番得意とするものを指します。

 

なぜそれを設定したのか?それは設定厨の私ももちろんいるのですが、

自分でクラスを選ぶことのできる(もしくは選ばれる)世界でわざわざそのclass(分類)にしたのかって過程も若干妄想できたらいいな〜くらいで、実はFFやFGOとかDQなどのRPGに触れてきたってのが多大な影響があるんです。この中ではFGOやフェイトシリーズが一番近いですかね。でも聖杯戦争はしませんし、役職名で呼び合うほどの影響力はありません。

 

実はそれらに触れてない人にとってクラスという概念がなかなか理解できない?らしく、なかなか説明に困りました。

おそらく職業とは別のステータスやその人がその人たるものの構成する要因の一つ、いわばアイデンティティと呼べるものの側面も持ってます。

そしてあの世界にクラスがあるということは争いが絶えず、自衛せねばならないとも読み取れるようにしています。

さらっと触れられてますが、後半バトルシーンが中心になって、このクラスの設定も生きるといいなぁと思いながら、メモ代わりに辞典にまとめてみました。

 

興味があったら読んでみてください。

www.pixiv.net