星海の街へようこそ

ウィル禁ソンと白幻のカエルレウムと日常のこと

2018年も終わる

ご無沙汰してます。ウィル禁ソンです。

お久しぶりですね。最近ジョブチェンして忙しかったのですが、流れで時間が取れるようになってしまいました。苦笑

もうこれは神が私に漫画を進めろという啓示だと思ってやっていきます。

 

で、現在3章のネームに入っているんですが、まぁなかなか進まないこと。

私はどうやら師匠と弟子という関係性と相棒という関係性が好きみたいで、その構図ばかり書いてしまっているんですね。

1章ではブラッドとアディ

2章ではリーツとソル、アキリーズとシューヴィ

3章ではメルザとカイサについて書いてはいますが

コンビの関係性になぜかこだわる。女子組のサービスシーンを入れようと思ってますが、戦闘はどうなんだろう・・・。クローディアちゃんとか戦えるのか・・・・???絶対癒し要因なんだが・・・。

自分でもわからない物語の展開にやや翻弄されてます。なぜプロット通りにいかぬ、って感じです。でも大体の流れはプロットや構想に沿ってはいるんですが、途中で結末が変わったりはざらにあります。

3章は2通りパターンを考えていて、迷い中です。難しい・・・。

整数の章は過去篇織り交ぜた話にしようと構成しているのですが、なかなか・・・。1、2章みたいにテーマを決めてやっていくのもアリですが。。。2、5章は完全に話の調整で使った章ではあります。うーん迷う。冒頭が大事になってくるよなぁとか思いながらやってます。

 

テーマ・・・うん、テーマいいかもしれない・・・。頑張ります。

2、5章完結

お久しぶりです!うぃるきんです。

2、5章無事完結しました!!!やったね!!!

今3章のプロット考えています。

リヒターも出せそうだし、番外編で言うてたリセントさんも出せそうで計画がわかる形にしたいのですが。果たして。

今までプロットからのネームで変更する箇所が多くてぶっちゃけあんまり決めてません

ノリで進めてる感がすごい。話の整合性とかあるのか心配してるんですが、1章なんかはグダグダしてるから今見ても恥ずかしい。

リメイク今からでもしたいです、正直に言うとね。。。

2年前の自分が始めたことが今に繋がっていると思うとすごく面白いなぁとも思えるのでそれはそれで好きではありますが。

年間計画としては今年は3章入りつつ来年に4章まで進められたらなぁと。

一応全体通して10章で終わらせようかなと考えてますので、今は30%程度です。

もはや終わるのが寂しい心境ですし納得いくまでキャラを掘り下げたいと思っているので。

そんなこんなでやっていこうと思いますので是非とも宜しくお願いします。

 

ちなみに近況報告。

以前は創作、職場に行く前に考える余裕があったのですが、

ジョブチェンジしてからストレスで体調が実はあまり良くなくて(風邪気味だったり生理も重なったりして)、正直話を考える余裕が家に帰っても休日くらいしかないというある意味真っ当な社会人になってます。

今も少しだけ熱っぽいような朦朧とした怠さがあるのですが、いずれ治るかな〜と思いつつ明日出勤です。

今週は金曜から休みだからそれに向けてやるぞ〜〜〜〜!

新刊

どうもです。お久しぶりかもしれませんね。今年前半に比べて後半期はブログの更新がままならないですね。

 

今年のコミティアは予定だとコピー本2冊出せそうです。

1冊はカクテル本で”お楽しみはBARにて”という飛空艇の中のバーのカクテル小話集と

2冊目はツイッターの再録本です。再録なので150円で売りたいです。缶バッジと同じ値段で表紙込みで20Pあるよ!実は書き下ろしも何枚かあったりするのでお楽しみに・・・。

 

そして全くやっていない勉強と明日の準備。やらねば。

ちょっと真面目な過去語り

どうも^^絶賛サボりまくりうぃるきんです。。。

漫画描きてぇ〜〜〜

転職したら今より漫画も進まないだろうけど、色々待遇はよくなるはずと信じてリアルで少しづつ動いてます。土日休みは譲れねぇ・・・。土日に漫画更新するんじゃい。。。><

f:id:prpr-candybox-prpr:20181014232056j:plain

 

振り返るとこの3〜4年は大学とか学生時代に失っていた青春を取り戻した感あります。

自慢じゃないですが、学生時代は今よりだいぶ陰気で強迫観念的なものに苛まれるわ、怒鳴られ陰口囁かれるような生活していたので、少なくともその分の3年分の幸福貯金を使った計算というか。

いい人たちと巡り合えて自分も勇気をもらえたし、この数年間はプライベートも本当に楽しかった。

ヘミソフィアールのサークルで一緒に活動してるおがさんと出会って言われた言葉に

『これからどんどん楽しくなりますよ!』

ってのがあってすごく救われたのは今でも覚えてますね・・・。

彼女とはたまに会う環境になってしまったけど、この特殊な環境の中で出会った人たちは本当に忘れたくないな。

白カエでも書いたのですが、私自身転校生で学生時代、学校になかなか馴染めないっていうのがあったんですね。その経験からリーツの言葉に言わせたのが

”だからその、初めて・・・つーか。友達として覚えてくれたの。ありがとな、友達でいてくれて。ソル!”

って言葉を言わせたんですよね。そこに住み続ける友達と離れたらそれっきり。ってのが続いたので、覚えて友達でいてくれたのってすごく貴重な関係性だなぁって。

リーツはきっとその場限りの関係性に割と慣れていたとは思うんですが、続いてる関係性に感動してると思います。

でも転校生じゃなくても、入学卒業をきっかけに環境が変わり出会う人も続く関係性も、途切れる関係性も当たり前としてあって。

自分は友達コンプレックス転校生コンプレックスに近いものがあって色々関係構築に悩み苦しんだ学生時代だったんですよね。長く付き合う上で人との距離感がわからない、その一言に尽きたんですわ。でも、意外と似たようなものを抱えて生きている人って案外いたんだなぁって今感じてます。

親しい人との別れで忘れられ置いていかれるってことに恐怖はあるかもしれないけれど、新しく誰かと出会うことにも価値はあるはず。そして会えなくても私としては忘れないようにいたいですね。

リアル

どうもお久しぶりです。ウィル禁です。

リアルで最近時間が取れなくなるのが確定してしまってですね、11月半ばまで少なからずツイッター低浮上なんすが。(だが真面目に守るつもりはない)

本編の更新も11月までおやすみです。すみません。

北ティアでは、ちょくちょく新刊のコピー本は出来そうなので、着手していきたいです。

というのも、美少女本を本来であれば出す予定でしたが、印刷所とか停電の関係で少し予定が潰れて代わりにコピー本を前述通り出そうと思っております。

コピー本は空賊組中心の話出そうと少し思ってます。

セントキャラメリゼ号のBARの話あたりを。。。(超個人的な趣味です)

なので、落とさないように頑張りますが、落ちたらゴメンなさい。。。

ぜひお楽しみに。

 

以下リアルの話ですが、補足。

実は私自体の転職も視野に入れていて次のステップに踏み出そうとしています。資格勉強や試験に対しての勉強などもこれから活動していくので、今まで通りには漫画の更新とかは難しくなっていくとは思います。というかこの数ヶ月が精力的すぎた感は否めません。

12月からまた不定期で連載していきたいので、読んでいただけると幸いです。

エタらせたくないので、創作が生きがいである以上、誰がなんと言おうと完結させたい姿勢で取り組みたいです。

勝手ながら、この数ヶ月反応をいただけていたのが、すごく励みになって。漫画描くのって孤独な作業なんですけど、少しでも反応をくれた人々のことは私は忘れたくないとは思ってます。あくまで、私の想いですが。。

そして、必ず帰ってくるのでよろしければお待ち下さい。。。

 

以上です!長文ご拝読ありがとうございます

まただいぶ更新してなかった

久しぶりです。22日ぶりですね。

この1ヶ月、地元では地震があってなかなか漫画も掲載できなくてですね。

大変でした。

電気が使えなくなるだけでこんなにも1日が長いのかと思い知りましたね・・。

節電要請の中💻は自粛しつつ何やってたかと思えば・・・何やってたっけ?ツイッターばっかケータイで見てた気がします。でも迂闊にツイートしづらい感じだった()

 

オータムフェストにも行きましたね。

全く震災の後だと感じさせない活気に少々驚いたんですが、普通に楽しかった、美味しかった・・・エビの炉端焼き食べたかったけどなかった〜〜〜〜〜。エビくいねえ。

f:id:prpr-candybox-prpr:20180925221629j:plain

 

悪そうなシューヴィセンセと

 

f:id:prpr-candybox-prpr:20180925221656j:plain

オスカー君とネーヴェちゃん。

設定的にはマッドウェニー家の従兄弟養子のオスカーとアンジェリークママがソルちゃ居なくなった後、いろいろおかしくなって産んだ子供のネーヴェちゃん。

ママは完全に兄リーズが逝ったことも、ソルちゃが行方不明なのも知っててもうヤケクソママになったという暗いエピソード。

オスカー君はクレイ爺もいるしアンジェリーク叔母はイかれてるし、すご〜くいやな役割押し付けられてる。一応アンジェリークママの方の従兄弟だけども。。。

アキリンを生意気にしておかっぱにした感じ。ソルちゃに同情と軽蔑ないまぜ。

ネーヴェちゃんは幼女。ソルちゃのこともアキリンのことも慕ってる。

 

って設定を考えていたなりぃ。

 

G−shock

f:id:prpr-candybox-prpr:20180903213004j:plain

f:id:prpr-candybox-prpr:20180903213017j:plain

 

マッドウェニーリッドレイ爺はおっさんになってもバンパイアのように美しいおっさんなんだろうなぁって気持ちで描いてみた。扱いがマッ●・ミケルセン枠。

ソルちゃにしろアキリンにしろそんな長生きしないと思いますが、仮に生きていたとしてマッドウェニー家は配偶者やパートナーを失うと狂っちゃう伝統芸があるので、彼らもなっているのだろうか・・・・。

そこで妄想男ども長生きランキング

1位リーツ

2位フォーカス

3位メルザ

4位キルシュ

12位グレッド

38位イグナーツ

49位アキリンソル

59位ブラッド

62位ジキル

(超感覚でつけた)

キルシュくんってのは兵器担当の眼鏡でフォーカスへのライバル意識むき出しくんです。グレッドは名前が似ているあの人の弟です。ぶっちゃけベルドラズメンバー本編でほとんど・・・()

神官のジキルくんは一生懸命ボーイだから短そう・・・・・。

 

f:id:prpr-candybox-prpr:20180903213118j:plain

話は変えて。家族丸ごと狂ってる名家が好きです。ソルの祖父ちゃんヴォルケ爺。。。

少女時代アンジェリークちゃん描きたいっすね。。。ママンが天使だった頃。。。